わいがやお役立ちブログ

皆様の生活に役立つ情報を提供するブログ

わいがやお役立ちブログ
Pocket

たったこれだけで部屋の片付け上手になれる今直ぐできる3つのルール

2018年08月25日 [ ゴミ 大掃除 捨てる 掃除 整理 整頓 書類 片付け ]
Pocket

部屋を片付けるのが苦手な人は、

大抵「そのうち整理整頓しながら、

時間がある時にゆっくりやろう」と

先送りしている人が大半ではないでしょうか。

 

ましてやTVで見た収納ノウハウを真似て、

ホームセンターで収納グッズを買い揃えて

本格的に片付けようと思った際は、

かなり遠い先のことになりかねません。

 

 

片付けができない理由は収納場所ややり方

だけの問題ではないのです。

 

物を大切にするが故に、

「捨てることができない」という

根本的なところに起因します。

 

そんな方でも「ある事」を意識するだけで、

驚くほど片付けが進むようになります。

 

この記事では、だれでも簡単にできる

部屋の片付けがグセがつく

3つのルールをご紹介します。

 

「いつか必要かも」という考えをマインドセットしましょう。

人からもらったものは本当に必要なもの?

 

部屋を片付けられない人に共通してある特徴は

「いつか必要と思って、要らないモノを

なかなか捨てられない」という習性です。

 

自分が欲しくて買ったものは良いのですが、

人からもらったもの、

 

何かの会合で記念にもらったもの、

お店のプロモーションでもらったもの、

 

商品サンプル等々、

部屋中にこれって本当に必要ものなの?

 

 

と思ってしまうモノが溢れかえっています。

 

それに加えて、DMやチラシ、

製品カタログ、セミナーの資料等が

次々と増えていきます。

 

「いつか参考になるかも知れない」と思って、

念のためにと取って置いておいても、

 

じっくり見たり、活用したりする事は

経験的にもほとんどないはず。

そして気が付けば、机の上や棚のスペースに

DMや資料の入った封筒が山積みという事に

なっていませんか。

 

こういう場合は「いつか必要かもー」

という思い込みは一切なくして、

思い切って捨ててしまいましょう。(^・^)/

 

財布の中身はレシートだらけになってませんか?

 

ついでに言えば、お財布の中に入れてある

スーパー等の買い物のレシートや

銀行のATMで出るレシートも、

 

片付けベタな人は、万が一のためにと思って

財布の中に大切に取っておくクセがあります。

 

家計簿を小まめにつけている人以外は、

レシートなど不要なはず。

 

 

定期的に財布の中身を取り出して、

大切な領収書以外は思い切って

捨ててしまいましょう!!

 

お金の管理が上手な方は、

財布の中身もすっきりしているという

統計データもあります。

 

レシートを残している方は、

財布の中身もあまり確認しない

お金にルーズな人だとか。

 

とにかく、こうやって捨てていくと

モノが増えていかないので、

 

何となくスッキリした気持ち良さを

実感するようになります。

 

 

すると頭の中もリセットされて、

そのうち自然と片付ける

癖がついてきます。

 

まずは「いつか必要かも」

という思い込みを

マインドセットしてみましょう。

 

必要であるか否かの判断をするための期限を決めましょう。

 

モノに使用期限を決めましょう。

 

かといっても、モノによっては必要か否かの

判断が中々つかない事もあります。

 

場合によっては、捨てなければ良かった、

と後悔する事もマレにあります。

 

 

片付け上手な人は、大抵、

必要か不要かの判断をするために、

使用期限を決めています。

 

例えば、期限を3ヶ月と決めて、

3ヶ月間一切使わないものは

不要と判断してして捨てる。

 

あるいは、1年間全く使う事がないものは、

これからも使う事はないと判断して捨てる、

など基準を決めておくと、整理が楽になります。

 

お気に入りのモノ以外は使わないという習性

 

人はそもそも気に入ったモノばかりを

繰り返し使う習性があります。

 

洋服ダンスに沢山服があっても、

毎日着る服って、お気に入りばかりを

自然と選んでませんか?

 

 

ボールペンなども、何本あっても、

いつも使うお気に入りは、

数本しかないハズ。

 

 

お気に入りでないモノは、

ずっと使わないまま、

眠った状態になる可能性があります。

 

また、一時はお気に入りのモノでも

「飽きてしまう」事もあります。

 

残念ながら「飽きたモノ」は

次に使うことは

ほとんどないでしょう。

 

時代遅れになって使えないモノは必要?

 

さらに時代遅れになったモノも、

もう使えません。

 

PC周辺器やPCソフトも

スペックが変わったり、

 

PCを買い換えてしまうと、

時代遅れになって、

 

その機能に問題なくても

使わなくなってしまいます。(>_<)

 

パソコンを買い換えてしまったのに、

電源アダプターだけ残しておいても

意味ないですよね。

 

 

今の時代、Windows95のディスクや

フロッピーディスクは

本当に必要でしょうか。

 

 

ビデオテープもデッキがないのに

取っておいても意味ありません。

 

昔録画したTV番組や映画も

アナログ画像で見直すことは

ほとんど無いでしょう。

 

 

携帯電話の充電器はどうでしょう。

スマホを使っているのに、

 

ガラケーの充電器など

もう必要ありませんよね。

 

 

恐らく今後も使わない可能性大です。

 

片付けができない人は、

きれいな形で残っていると、

 

きっちりと整理してしまい

コレクションのように

大切に保管してしまいがちです。

 

が、全く無意味です。

 

今後一切使わないと思われるモノは、

もう永遠に使うことは無いと決め込んで、

思い切って捨ててしまいましょう!

 

 

 

自分の中で使用期限を設定して、

割り切って捨ててしまうのがコツです。

 

完璧を目指さずに気楽に捨てるクセづけをしよう。

 

まずはストレスを感じない程度から

 

「捨ててしまいしょう」

と簡単に書いていますが、

片付けの苦手な人にとって、

 

完璧を目指すことは

苦痛でしかありません。

 

 

私自身がそうであったので、

使わないからと言って

簡単に捨てられないものです。

 

ここは、ハードルを少し下げて、

ストレスを感じない程度に整理できれば、

十分と自分で納得しましょう。

 

結局、誰のために片付けるかと言えば、

自分のためです。

 

例え、使わなくても、

今まであったものが

 

無くなる事の不安があるのなら、

置いておいてもいいかも知れません。

 

ただ、何も買っていないようで、

DM等も含め毎日何かしらのモノは

どんどん増えているという現実があり、

 

そのままだと、増える一方で、

そのうち収納も追いつかなくなります。

 

年末の大掃除の時など、

思い腰を上げて整理し始めたら、

 

恐らく振り向きもせずに

機械的に捨ててしまうハズです。

 

 

 

それなら、いっその事、

毎日何かしら捨てるクセをつけて、

改めて片付ける負担を

少なくした方が楽ですよね。

 

捨てるクセづけで変わる人生

 

捨てることで部屋がスッキリすると、

探し物が直ぐに見つかったり、

 

部屋が広く使えたり、

掃除が楽になったりと

色々とメリットが出てきます。

 

 

そして、出しっぱなし、

置きっ放しになっている事が

 

とても気になって、

即片付けるようになります。

 

 

こうなってくるとワザワザ

「まとめて片付ける」という

作業もなくなってきます。

 

まずは、「片付ける」という

作業をしようとするのでなく、

 

不要なものを「捨てる」という

習慣づけからはじめてみましょう。

 

大げさかも知れませんが、

部屋が変わり、

生活が変わり、

 

考え方が変わってくると、

人生もイキイキとして

変わってくるかも知れませんよ!

 

 

 

 

それでは片付け上手になるためのまとめです。

 

1.「いつか必要かも」という思い込み

マインドセットして、

思い切り捨てる習慣を身につけましょう。

 

2.捨てる使用期限を決めて、

割り切って捨てましょう

 

時代の変化、好みの変化、

生活の変化などで一定期間以上

全く使っていないものは、

 

今後も使う事はない

考えて間違いありません。

 

3.捨てる事がストレスにならない程度に、

毎日捨てるクセをつけましょう。

 

スッキリした生活の爽快感は

人生を変えるインパクトがあります。

 

ストレスにならない程度に少しづつ、

習慣づけていきましょう。

Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です