わいがやお役立ちブログ

皆様の生活に役立つ情報を提供するブログ

わいがやお役立ちブログ
Pocket

これなら歌える!カラオケで盛り上がるイケる洋楽ベスト5-80年代編

2018年12月22日 [ 80年代 カラオケ ジャーニー スティービーワンダー ビリージョエル ワム 上手い歌 歌い方 洋楽 盛り上がる ]
Pocket

年末の忘年会シーズン。

二次会のカラオケで

一発決めたいと思うところもあるはず。

 

誰もが知っている 洋楽の曲を

英語でバッチリ決めれば 注目度も抜群ですね。

 

ここでは歌いやすい80年代の曲を 選んで、

歌い方の特長をお伝えします。

 

なぜ80年代の洋楽がいいかと言えば、

当時空前の洋楽ブームがあり、

CMや映画やドラマの挿入歌に使われて、

誰もが知っている曲が多いからです。

また、今の曲のようにヒップホップ要素がなく、

綺麗なメロディーで歌いやすいことも特長です。

 

かといっても、英語の曲を歌うには

やはり練習が必要です。

 

覚えるためにオススメなのが、

Youtubeでlyrics(リリック) という

歌詞付きのサイトいいですよ。

 

オススメの動画サイトもご紹介していますので、

是非、練習してみてください。

 

『 Honesty 』 Billy Joel

本国アメリカよりも日本で大ヒットした曲で、

ビリージョエルの曲の中でも

3本の指に入る有名な曲ではないでしょうか。

 

ネッスル、ホットチョコ、ソニー、

三井住友銀行などのCMでも

同じみで、サビの部分は誰もが

聞いたことがあるかと思います。

 

ビリージョエルの曲は、

英語の歌詞を 丁寧に歌っています。

 

to やin などの前置詞やthe、that、what

などもきっちりと発音しないと、

歌と音がずれてしまいますので

注意してください。

 

ポイントは、サビの部分、

♪Honestry such a lonely word♪を

感情をこめて、

「サッチャ・ロンリーワード」⤴

歌い上げるとカッコいいですよ。

 

『 Open Arms 』Journey

ジャーニーの『Escape』というアルバムに

収録された秀逸のバラード曲です。

 

後にマライア・キャリーがカヴァーしたり、

2004年には映画『海猿』の主題歌に

使用されたりしてますので、

この曲が好き!という人も多いはず。

 

スティーブ・ペリーの伸びるような

高音がとても美しく、

難しいと感じるかも知れません。

 

歌うコツはAメロ、Bメロに向って

次第に気持ちを盛り上げて、

最後のサビで思いっきり声を張り上げて

歌い上げるとカッコよく決まります。

 

やはりサビの

♪オ〜プン、ア〜ァムズ〜♪⤴のところを

どこまで高音で声を出せるかですね。

 

頑張ってTRYしましょう! 

 

『 I Just Called to Say I Love You ( 心の愛)』Stevie Wonder

スティーヴィー・ワンダーが1984年に発表した

世界的に大ヒットした曲。

 

以外にもスティーヴィーにとっても英国初の

全英シングルチャート1位獲得したそうです。

 

日本ではスティーヴィー自身も出演した

TDKのCMソングに使用されたお馴染みですね。

 

スティーヴィー・ワンダーの曲にしては

とても歌いやすい曲です。

 

コツは音を伸ばす部分を丁寧に歌う

カッコよく決まります。

 

サビの部分の

♪I just called to say I love you♪

皆で合唱すると

盛り上がること間違いなしですね。

 

 『 Day Dream Believer 』The Monkees

ザ・モンキーズにより全米で大ヒットし、

日本ではザ・タイマーズが

カバーして有名になりました。

 

恐らくセブンイレブンの曲といえば

直ぐ分かりますね。

 

店頭でもCMでもいつも流れている

あの曲です。

 

曲調はテンポ良く、

英語の歌詞とメロディーが

はっきりしているので、

とても歌いやすい曲だと思います。

 

歌い方のコツはサビの

♪Cheer up sleepy Jean♪⤴

一気に盛り上げて歌います。

 

次の♪Oh, what can it mean to a ♪を走らず、

一言、一言丁寧に発声すると、

カッコ良く決まります。

 

歌っているだけでも、楽しくなる曲ですね。

 

『 Last Christmas 』Wham!

 

クリスマスシーズンになると必ず流れる

定番曲となっているワムの代表曲。

 

84年の曲ですが、多くのアーティスト

にカバーされています。

 

12月になるとラジオや街のどこかで

様々なヴァージョンが流れてます。

 

最近ではEXILEがカバーしましたので、

若い人でも知っている有名な曲ですね。

 

この曲はジョージ・マイケルのスィートな

ボーカルが魅力です。

 

しかしAメロ、Bメロはかなり崩して

歌っていますので、

歌詞とメロディーをしっかり覚えてから

歌った方がいいですね。

 

字幕の英語を追いかけてると、

リズムに合わなくなりますので、

何度も耳で聞いて覚えないと

日本人には難しいです。

 

歌い方のコツはサビの部分

♪you gave it away~♪を

「ユ・ゲバラ・ウェ〜」と聞こえますから、

そのように雰囲気で歌いましょう。

 

♪This year, to save me from tears♪ は

少しネチッこく伸ばして

ジョージマイケル風にすると、

カッコよく決まります。

 

とても挑戦曲ですが、クリスマス時期に歌うと

皆さん喜んでくれること間違いなし!

 

まとめ です。

洋楽を歌う時は英語が難しいので、

クセのある曲は避けて、

なるべくメロディーと歌詞がはっきりしている

曲を選ぶのがコツです。

 

その点、70年代、80年代の洋楽は、

最近の曲に比べれば歌いやすいと思います。

 

Youtubeの歌詞付き音源lyrics(リリック)

しっかりと覚えて、

英語を上手くリズムに乗せて歌ってください。

 

英語の曲は強弱がはっきりしていますので、

少し大げさぐらいに表現すると、

それっぽく聞こえます。

 

ただし歌詞のカタカナのフリガナを

読んで追いかけると、

メロディーと合わなくなり遅れてきますので、

音で覚えるようにしてください。

 

仮に歌詞を間違えても気にせず、

サラッとごまかしましょう。

 

誰もわかりませんので(*^^)v

では、頑張って挑戦してみてください!

Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です